ウォーターサーバー選びで困らないために

水も美味しく飲みたいと言う声も多く聞かれます。また、自分だけでなく家族も安心して飲みたいと言う声も増えています。それもあって、赤ちゃんを育てるから、この際に安心できる水をという家庭も増えています。
水への関心が広がってきていると言えるでしょう。

水を選ぶのも大変

とはいっても、コンビニやスーパーへ行くとたくさんのミネラルウォーターが販売されています。ついなんとなく、商品名やメーカーや値段で選んでいませんか。
また、コンビニやスーパーで買っても持ち運びに大変だし、またすぐに無くなるので頻繁な買い物も大変です。また本当に安全かもはっきりしないです。大量生産の水もいまいち、あやふやなんて感じたこともありませんか。
この水が調乳に適しているかもわからずに、なんとなく使っていませんか。

調乳に適している水の特徴とは

自分だけならばそれほどこだわらないという人でも、赤ちゃんのためとなるとこだわる人も多いです。そんな人も気になるのは調乳に適した水があるかどうかでしょう。
水には硬水と軟水があります。調乳に適している水は、軟水です。
軟水といっても、さらに硬度があり、それが60以下であることが調乳に向いている水と言えます。
また純粋に近いことも条件に上がっています。ミネラルが豊富なのは普通はいいのですが、赤ちゃんにはまだ体も弱くて負担をかけることもあるようです。さらに粉ミルクにもともとミネラルは入っているのでさらに水がミネラルが多いと採りすぎになることもあります。
純粋はこうした、ミネラルも少ない水となります。
これを踏まえると、コンビニやスーパーでの水よりも、ウォーターサーバーの水がより調乳に向いていると言えるのです。

ウォーターサーバーの水もさまざま

ウォーターサーバーの水といってもさまざま種類はあります。まずは、RO水です。これはろ過した水で不純物はもちろんミネラルまでも取り除きます。それにより、より純粋となります。
メーカーによっては、栄養やいろいろな効果を出すためにそこへミネラルを追加してそれを出荷することもあります。ミネラルがあっても、より純粋に近いというRO水となっているのです。
さらにウォーターサーバーの水では天然水がよく利用されています。全国各地の水が選ばれていて、その水が出荷されています。
ミネラルも含んでいますが、多くの家庭で調乳に使われています。それだけ赤ちゃんには安心できるということです。もちろん軟水なので、飲みやすいということであるのです。

水を選ぶときには

赤ちゃんのために水を選ぶときには、次のことにチェックしてみましょう。
まずは、水の種類です。先に挙げたようようにRO水と天然水があります。どちらでもいいのですが、より赤ちゃんのためになるとRO水となりそうです。しかし、赤ちゃんが成長していったときや、家族が飲むときにはやはり美味しさも必要です。美味しさでは天然水が良いとも言われていますので、将来のことも考えて選ぶといいでしょう。
また水も軟水であること、硬度がわかるのであれば60以下であるかをチェックしましょう。大抵は調乳にも使えるとしているので、この条件はクリアしているはずです。
あと、水の品質です。メーカーによってはチェックや検査もどのようなことをしているのか公開しています。検査項目数を公表しているところもあります。こうした情報を公開しているところを選ぶようにしましょう。やはり赤ちゃんのためにも安全なところを選ぶようにしましょう。

サーバーの機能にも注目

あと、サーバー自体の機能にも注目です。冷水や温水の温度も大切です。特に温水が70~95℃以内だと調乳に向いています。またチャイルドロックといって誤ってすぐに温水が出ない機能があると、赤ちゃんが大きくなったときに役立ちます。あとはオートクリーン機能があると、雑菌対策にもなり、安全に飲み続けられます。

家計に優しいかどうか

ウォーターサーバーがいかに良くても家計に負担では続けることはできません。大抵は月に4000円から10000円以内が水の代金となり、ウォーターサーバーの電気代が2000円以内増えることになるでしょう。
それが家計に負担にならないところを選ぶようにしましょう。

ウォーターサーバーのメーカーを知ること

メーカも色々とありますが、次のところは大勢のお母さんたちに利用されています。
ますをはアルピナウォーター、アクアクララ、フレシャスです。それぞれ、7~12リットルのボトルを採用していて1本あたり900円前後から1200円前後です。サーバーのレンタル代ら無料や有料と別れています。それぞれにメリットも多いので、メーカーサイトをよく比較をして選ぶといいでしょう。これらから選ぶと、満足する確率もあがるでしょう。

ウォーターサーバー選ぶもしっかりと

メーカーサイトを見るとあれこれ、迷うかもしれません。しかし、水やサーバー機能や料金を考えていけば、きっとあなたにあったウォーターサーバーが見つかるはずです。じっくりと赤ちゃんのために考えて選びましょう。